Top

usa*log 晴れ。ときどき、うさぎ王国

進化。

前回言い足りなかった分を。

CS5はすごい、たぶん。(まだ使ってない機能が多すぎるのでわからない)
そもそもPhotoshopがやたら使いやすい。これは間違いないです。
3.0とかそんな頃からのユーザーだけど、バージョンアップのたびに「使いにくくなったー」と文句言ってきたと思う。
もちろん、それは慣れてないから。人間は慣れないものを目にするたびに戸惑う。
それがうまく理解できなかったり、すぐに使えなかったりすると相手(物)のせいにする(笑)

でもちょっと根気よく慣れる努力をしてみると、なるほど〜と感心する場合が多い。
ただそれとは別に、自分にはここまでの機能ななくていいな、その分もっとリーズナブルなのがあればいいのにって思う。
正直Photoshop5.5(CSじゃなくて10年前の)で、ぜんぜんOK。それがOS10.6で動けば何の問題もないのだ。(Elementsなどの機能制限があるものではなく、たとえ旧バージョンでもフルに使えるという意味です)

このまま進化を続けたらどうなっちゃうんだろう?っていう心配もある。
それこそハイエンドの人々にしか手が届かないものになってしまったら...?
フリーソフトのGIMPを試したのもそのせい。イザという時に代替えになるものを手に入れておかないと心配じゃないですか。

でも開発する側としては、続けるしかないでしょう。ないよね?
いったい進化ってなんだろうって考えてしまう。
新しいものを得る喜びと古いものをなくす残念な気持ち。
高価な品だったのに、あっという間に新しい物の方が遥かに安くてしかも高機能になってしまうという、なんともやりきれないあの感じ。
でも新しいもの作らなくちゃ、企画も開発も営業も販売もみーんなお仕事なくなってしまうんだよね。
そうやってみんなして走り続けていかないと生きていけないのかなぁ。
いろんなところでいろんな形で無理とか無茶が露呈している今日このごろでしょう?
せめて進化の速度を遅くすることは?


いっそホビット庄のような村でのんびりと花や小鳥に囲まれて暮らせたら...なーんて思ってしまったら、それはただのセンチメンタルにしかならないし。
[PR]
by usa-log | 2011-05-16 14:49 | デザインやなんかのこと
<< カール・チーズカレー味。 でもやっぱり偉い、Photos... >>