Top

usa*log 晴れ。ときどき、うさぎ王国

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

a0026762_2333168.jpg
昨夜は結局...明け方まで読みふけってしまいました。
楽しみに待ってたビブリア古書堂の事件手帖の4巻。

このシリーズ大好きです。セピア色の風景の中をゆっくり時間が流れていくような、懐かしい気持ちになります。北鎌倉や大船なんていう、耳慣れた地名のせいもあるかもしれません。

小説に出てくる大船観音も子供の頃の思い出です。一部地域の人しか知らないと思うけど、大船駅から見える山の中腹(?)に白い大きな観音様が立っているのです。(って上半身だけだけど)藤沢に親戚が住んでる関係で、何度となく見ているのですが、夜の闇に白くぼぉーっと浮かぶその姿はかなり怖い(笑)ライトアップされてたせいもあると思うんだけど。
記憶では中に入ったこともあるし、なんだかコンクリートの部屋(?)みたいなのがあって階段を上ったような。。

神社仏閣はもちろん、古いものがたくさん残っている街を舞台に物語は展開していきます。それは毎回人の温かさと一緒にどきっとするような恐い部分も見せて。

テレビも見てますよ。テレビで知った人もぜひぜひ原作を読んでほしいです。
複雑に絡まった糸がすこしずつとほどけていくような謎解きは、読書ならではの醍醐味じゃないかと思うので。。テレビって(どの番組でも)サクサク簡単に解いちゃうんです。なんていうか室温でじっくり解凍するとこをチン!ってやっちゃう感じ?
だから、そのときはわかったような気になってるのに、後で説明してと言われたらわからない。やっぱり自分の力で読み解いた方が、頭にも心にもいつまでも残ると思います。だから。

子供の頃から本は大好きです。本の匂いとかページをめくる感触がたまらなく好きなので、いまだに電子書籍には移行してません(笑)高速で読み込んでPDF化するスキャナがあるそうだけど、本を断裁して読み込むなんてできそうにないです、今のところは。

ビブリア古書堂、第4巻は大きく動いてますね。ネタバレはそのうち『MORE』機能使って書きます。
[PR]
by usa-log | 2013-02-25 00:11 | 観た、聴いた、読んだ | Comments(0)
<< WordPressで投稿する。... VirusBarrier X6... >>