Top

usa*log 晴れ。ときどき、うさぎ王国

男爵芋のポテトサラダ覚え書き。

忘れちゃわないうちに自分的なコツなど記録。自分流ですが、よかったらご参考にどうぞ。
a0026762_0365142.jpg

まず、じゃがいもはやっぱり男爵。スーパーではキタアカリポテトサラダの方が高価だけど、やっぱりホクホク男爵推し。

じゃがいもはタワシでゴシゴシ洗ったら4等分か6等分して、皮ごと茹でます。(芽が出てたら取ってから)なるべくサイズが揃ってると一斉に茹で上がるはず。ニンジンも小さなザルにでも入れて、一緒に茹でてしまいます。→北海道産男爵芋のポテトサラダ。

※まったく個人的好みなのですが、マカロニサラダは塩してしんなりになったニンジンの千切り、ポテトサラダは火を通したいちょう切りが好きなんですw

〜この間にさらしタマネギ準備。ここは包丁のひとつも研いで、薄〜く切りたいところ。あ、スライサーってものもあるよね。さらす時間は1〜2分でいいそうです。さらし過ぎると栄養分が流れちゃうんですって。ザルに上げて水切っておきます。

さて、じゃがいもに戻って。串で刺して様子みて、スッと通ればOK。今回は10分もかからなかったです。

茹で上がったらお湯を捨てて、空茹で(?)して水分を飛ばします。ここ重要。白いでんぷんが浮いた「粉ふきいも」になれば成功!水分飛ばさないとベチャッとした食感になってしまうよ。
a0026762_023276.jpg


熱いのをこらえて皮を剥きます。布巾などて包めば、少しは熱さがマシになります。粉ふきいも状態になっていれば、するするとおもしろいくらい簡単に向けます。
ボウルなどに移してつぶします。熱いうちでないとなかなかつぶれてくれなくなるよ。

味付けは好みですが、私の場合。
お砂糖、塩、酢で下味。マヨネーズ多すぎだとホクホクに仕上がらないので、しっかり下味付けた方がいいと思います。あと好みで胡椒も。


そろそろ冷めて来たと思うので、さっきのさらしタマネギをぎゅっと絞って加えます。今の時期なら苦くない新タマネギがおいしいので、少し多めでもいいと思います。さっくり混ぜたらマヨネーズ投入。

大量に作る場合は、ここで一旦終了。タッパーに移して冷蔵庫に保存します。
a0026762_0252039.jpg
温かいうちにキュウリを入れるとしなしなになるし、ハムは痛みやすいので、食べる直前にトッピングしたほうが美味しいと思います。ゆで卵を入れる時も。タンパク質は後から、がいいみたい。あと、好きなので、コーン缶も混ぜちゃいます♪

ふふ。これだけ盛るとリッパなひと品になるでしょう?
a0026762_0463186.jpg


サッパリ食べたい時は、キャベツの千切りを混ぜて増量っていうのもあります。ちょうど新キャベツの季節だし。
マカロニも加えた欲張りバージョンもアリ。


食パンに盛ってハム乗せて、朝ご飯にもどうぞ。
[PR]
by usa-log | 2013-03-29 00:34 | うさぎ食品 | Comments(0)
<< 高輪プリンス桜タワー、まだまだ... イヤホンジャックピン・スマホ用... >>