Top

usa*log 晴れ。ときどき、うさぎ王国

「位置情報の使用を許可しますか?」の意味とexif

iPhoneの写真加工アプリで訊かれる「位置情報の使用を許可しますか?」
許可するのはなんだか恐いけど、許可しないと使えないし。出来上がったファイルをPhotoshopで確認すると、位置情報などは見つからない。
ならば、なんで訊いてくる?
と、不思議に思い、自分で調べたり詳しい人に訊いてみました。

写真ファイルにはexif(Exchangeable image file format)というデータが埋め込まれている。これはぐぐってみればわかるけど、撮影の日時、画像のサイズや撮影したカメラや設定やなんかがいろいろ、それと撮影場所(位置データ)、が含まれています。Photoshopの「情報を見る」を開くとわかるのだけど、カメラの機種からシャッタースピードなんていう、本人も知らないものまで見えてしまいます。

そんなものはかまわないのだけど、位置情報はちょっとイヤです。幸い(?)手元のIXYは少々古いので位置情報までは装備されていません。問題はiPhoneのカメラ。こちらは位置情報アプリを使うと、撮影場所が特定されてしまうと言うではありませんか!PCに転送して加工してしまえば問題ないのですが、そのまま送信したい時は気になるので、カメラの位置情報をオフにしています。

詳細はこちらのページが詳しいです。
iPhoneの写真で位置情報を付けないようにする設定方法

つまり「位置情報」というのは、exifの中のひとつの情報なのです。

ならばなぜ、写真加工アプリが?
写真を加工するのにサイズや向きの情報が必要になるから、です。...と教わりました。

先日使ったアプリ(DecoBlend)では、一枚の写真をデコるには不要でしたが、複数の写真をコラージュなどするには、それぞれの写真のサイズや向きが必要になる...ということだと思います。
 「写真デコアプリ(decoBlend)を使ってみたよ。」

これで謎は解けたし、必要以上に心配することもありません。でもね、試しに家で写真撮って「KOREDOKO」でチェックしたら、見事に何丁目何番...まで出ちゃいますよ!twitterなどは削除してくれるそうですが、スマホからの送信にはやっぱり気をつけた方がいいですよね。

Exif and GPS Viewer KOREDOKO

アプリをインストールしたら、位置情報のON/OFFの確認はするようにしています。
GoogleMaps...だけは常にON...OFFじゃ一生迷子w
[PR]
by usa-log | 2013-06-24 12:49 | Macの神様 | Comments(0)
<< 緑がいっぱいのうさぎミニチュア... 写真デコアプリ(decoBle... >>