Top

usa*log 晴れ。ときどき、うさぎ王国

プーシキン美術館展 フランス絵画300年

行ってきました、横浜美術館。
a0026762_22353.jpg
会期も残り少なくなって平日でも混雑しています。でも涼しくなって、並ぶのはラクかも。
a0026762_228108.jpg
ご覧の通り、美術館前の広場、ホントに広い。向こう側に見えるのはマークイズ。けっこう普通のお店が入っているので、近隣の住民からは評判がいいそうです。おっしゃれーなお店ばっかじゃ生活できないもんね。そのさらに向こうが、みなとみらいの駅になります。じつはみなとみらい線はまだ乗ってません。今日も桜木町から歩き。

300年分の絵画なので、かなりのボリュームがあります。順路は古典から始まってピカソまで辿り着くのはたいへん。印象派以降は後半の展示になりますので、そちらが目当ての方は"余力"を残しておいた方がいいかもしれません。
いつも、誰の個展とか、○○派展などの、特定の画家ばかりの展覧会を観ることが多いので、こういう美術史まるごと的(?)な展示は新鮮でした。けっこう疲れるけどね、脳も足も(笑)
でも歴史を目で追っていくわけですし、すごく勉強になります。美術史のお勉強やり直し!という感じです。(何勉強してたんだかw)

(以下、ただの感想です)

ポスターにもなっているルノアールはやっぱり魅力的。大きな作品ではないのですが、やさしくて可愛らしくて、見た人が笑顔になってしまうような。。ああ、こういう絵が描けるってなんてステキなことだろうって、うっとりしてしまいます。

モネのライラックは人だかりがすごかったです。モネにしてはそんなに大きな作品ではありませんが、やさしい色合いと光がキラキラして見えました。

ミレーもコローもありました。
バルビゾン派も印象派もまとめて見れちゃうっていうのは贅沢でもあり、もうわけわかんなくもあり...。

シャガールはブルーの絵でなくてちょっと残念。やっぱりシャガールは青が好きです。

そしてゴーギャン、好きです。何がって言われてもアレだけど、誰とも違う、色彩。無表情に見えるどこかけだるい目をした人たち。生き生きと白い肌の下の血が透き通って見えるような、ルノアールの女性とはまったく異なるのですが...両方好き。
a0026762_2255892.jpg

プーシキン美術館展 フランス絵画300年

a0026762_22372876.jpg
おなじみ、ランドマークタワー。やっぱりデカい、高い、そして中も広い。今日はマウカメドウズでお茶しました。ハワイアンワッフルがおいしい!
a0026762_22382825.jpg
日本丸。

曇り空の夕方だったので、冴えない写真になってしまいました。もっと涼しくなって空気が澄んだ夜に、観覧車乗りたいです。あれはホントにおすすめ!一面の光に海に浮かんだ気分です♪
まだまだ行ってないとこたくさん。みなとみらいもけっこう広いのです。
[PR]
by usa-log | 2013-09-10 22:44 | 観た、聴いた、読んだ | Comments(0)
<< 雪うさぎキャンドルホルダー 色を重ねてインクのうさぎ >>