Top

usa*log 晴れ。ときどき、うさぎ王国

年賀状と付きっ切り印刷の紙について

街はそこらじゅうで年末感が溢れてます。
a0026762_14045445.jpg
ここのツリー、控えめだけど好きです。
(品川駅京急ウイング1Fのプリンスへ続く通路というか広場?)

そして年賀状書かなくちゃ。
まずは印刷しなくっちゃ!
a0026762_14084170.jpg

彩現リーブルという紙がお気に入りなのですが
これがなかなか厄介な性格してて・・・

真っ白で、すべすべでポストカードには最高だと思ってます。
両面印刷は透けてしまうのでできないのですが。
去年まではカレンダーにも使っていました。

インクのノリもいいし、発色もきれいで申し分なし!
なのですが、とにかく給紙が最悪で・・・(´・×・`)
すべってしまうのでしょうか、紙が送られないのですよねぇ。

注意書きにも「よくさばいてから」と書いてあるので、言いつけ守ってるし、ローラーもシリコンペーパーでちゃんとお掃除もしてるのに。
この季節だと静電気も起こるのかしら?
湿度?乾燥?
なんて思って加湿器も使ってるのになー。

3枚に1度くらい送らなくなるので、付きっ切りで見張ってます||・×・)

カレンダー、自宅オンデマンド印刷がキツくなったのはそのせいもけっこうあります。
50枚くらい放り込んでちょっと郵便局行って来たら仕上がってる・・・なんて夢の夢。
地獄のオンデマンド状態でした(笑)

好きな紙と印刷に向いてる紙は別。
なんか人生感じます。・×・)フッ

来年は彩現リーブルでポストカード作ろうかな。そのくらいならだいじょぶそう。



[PR]
by usa-log | 2016-12-20 14:32 | デザインやなんかのこと | Comments(0)
<< プロの紙 スクロールすると出てくる「トッ... >>