「ほっ」と。キャンペーン
Top

usa*log 晴れ。ときどき、うさぎ王国

タグ:アロマテラピー ( 43 ) タグの人気記事

クリスマスのゼラニウム 〜アロマもせっけんも似合うよ

ゼラニウム入りせっけん。
Marks & Web です。
a0026762_21334134.jpg
他にもシーズンの柚子なんかも魅力的だったのだけど
ゼラニウムせっけんの"赤"に負けました!

ゼラニウムは使いやすくて好きな香りです。
甘いお花の匂いなのだけど、キツすぎず主張しすぎず
やさしくてあたたかです。

冬のアロマってなんだろう?
・・・シナモン、オレンジ、クローブって
これポマンダーの材料ですね。
ジンジャーも冬。
チャイのハーブとも似てる。
温まります。

お風呂にもいいです。


年末は余っている精油(消費期限が近い)をてきとーにブレンドして使ってます。
案外あれ?っていうのが合ったりして楽しいです。(アロマ検定どこいった・・・ ・×・)
ものすごく主張する香り(シトロネラとかイランイランとか)でなければ
そんなに難しく考えなくてだいじょぶかと。
シトロネラはすごいですね。虫除けはやっぱり違う ・×・)
イランラインは好きな香りですが、好みがあると思うので分量ほどほどで。

個人的にこれはキツい!と思ったのが、ジャスミンです。
検定1級アロマのひとつなんですが、精油だとかなり強烈です。そしてとっても高価。ローズやジャスミンは揮発性有機溶剤抽出法(だったはず)というめんどくさい方法で精油を抽出するので、高価になってしまうのです。たぶんお花そのものだって高いはず。


秋頃に、家の近所で「ジャスミン?あれ?」って思ったら木がありました。
いやジャスミンとは違うかなあぁ?と思って調べたらアメリカジャスミンでした。
薄紫も混ざっています。ジャスミンよりはおおきくて、それでもさほど目立たない控えめな佇まいなのですが、風に乗ってほのかに香るととても素敵です。
お花よりも香りに存在感があるタイプ。

元祖ジャスミンは小さくて白い可憐な花です。モクセイ科だからキンモクセイも仲間?
そういえばキンモクセイのアロマもあるのですが、けっこう高価だったと思います。


そんなんで、高価で素敵な香りもいろいろありますが、お家でお手軽に楽しめる香りだってたくさんあります!
ゼラニウムはその代表格じゃないかな。
オレンジに合わせると明るく元気になる。
イランイランをちょっと混ぜると甘く色っぽくなる。
ラベンダーに加えると甘さや華やかさがプラスされて・・・(感じ方は個人の感想です ・×・)

今、お風呂に入れてるのは ゼラニウム プチグレン ラベンダー です。
お洗濯は プチグレン パルマローザ (セールのプチグレンが試供品とかぶりました ・×・)


ラベンダーやプチグレンは鎮静作用系のアロマなので寝る前にはいいと思います。
でも、自分が気持ち良く感じられるのがいちばん!





[PR]
by usa-log | 2016-12-21 22:23 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

手作り♡アロマ入りシアバターハンドクリーム(3)

またまた作ってみました。
今回は花粉の季節ということで、甘い香りではなくすっきりミント系です。
a0026762_23225751.jpg
いつもの通り、スイートアーモンドオイル、シアバター、ミツロウの組み合わせ。
しかし、ちょっとばかり手が滑ってスイートアーモンドオイルが若干多めに。結果的に少し柔らかなテクスチャーになり、それが好評という結果になりました。
以前のレシピは
スイートアーモンドオイル:シアバター が同量(重量で)
ミツロウひとつまみ程度
と書きました。
ミツロウ多めにすると、しっかり固まります。もちろん手に乗せれば体温ですぐに解けます。

エッセンシャルオイルは、スペアミント、ティートゥリー、カモミールローマン、レモン、といったところ。
ミントの香りは強いので、あとの残りはなんでもいいかも(笑)

手元からすっきりした香りが漂ってくるので、お鼻がムズムズって方にもいいかと思います。
ペパーミントはもちろんポピュラーですが、スペアミントもまたちょっと違っていいですよ!

a0026762_23225974.jpg
そして花粉症対策アロマセットを友だちに...と思ったのに写真撮る前にラッピングしちゃってこんなことにw

でも覚え書きってことで。
エッセンシャルオイル・花粉症対策ブレンドは不快な症状を少しでもスッキリさせるのが目的。
ユーカリ、ティートゥリー、スペアミント、カモミールローマン、ホーウッドオイル、ラベンダー、レモン
ホーウッドオイルは最近注目のエッセンシャルオイルで、ワシントン条約で伐採できなくなったローズウッドの代替品として使われるようになったようです。ほんのり甘く、でも深い樹木の香りです。

これを原液のままで。友だちはもう慣れているので、希釈して使ってもらっています。お風呂に数滴、お洗濯の仕上げに、洗面器に入れて吸い込んだり、熱いおしぼりにして身体を拭いたり。なんでもいいんです。気持ちよくすっきりすれば。

それと少し甘い香りのボディーマッサージ用オイル
ゼラニウムブルボン、イランイラン、マンダリンオレンジ、ラベンダー、マージョラムスイート、クラリセージ
お花系の香りで明るく華やいだ気分に。
ちょっと濃いめに作ってあるので、キャリアオイルで薄めて使います。たぶんだいじょうぶだとは思うのだけど、アレルギー反応が出てるような時は慎重に無難な濃度から。ハンドマッサージや足のマッサージ。拭き取るか洗い流すかするものなので、あまり深く考えずにとにかくいい香りにひたってもらえればいいんです。
キャリアオイルはちょうど試供品のアプリコットカーネルがあったので、それを付けました。

それとローズウォーターを瓶で。
ダマスクローズのエッセンシャルオイルをホイッとプレゼントできれば一番いいんですが、たぶん2まんえんくらいだから(笑)
蒸留水でもローズはローズ。うっとりできますよ。


ハンドクリームにはシアバターがかなりいい感じなので、また追加しようかな。なんていうか、肌への浸透がすごくいい。塗った時は間違いなく油ギトギトなのに、すぐにきれいにしみ込んでしっとり。
ちなみにシアバターというのは植物性。シアというアフリカ産の樹木の実から採れるのだそうです。ココナッツオイルみたいなイメージでいいのかな。

もうひとつ試してみたいのがアルガンオイル。こっちも木の実でモロッコ産。アフリカは植物性油脂の宝庫なのかな。

手作り♡アロマ入りシアバターハンドクリーム(2)
手作り♡アロマ入りシアバターハンドクリーム
[PR]
by usa-log | 2014-03-14 23:52 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

手作り♡アロマ入りシアバターハンドクリーム(2)

手作り♡アロマ入りシアバターハンドクリームの記事のアクセスが多い(当社比)ので、続きを。
a0026762_1349337.jpg
前回はアーモンドスイートオイルとシアバターだけで作りましたが、固まるのに時間がかかります。シアバターの融点が低いせいなので仕方ないのですが、もう少し固まりやすくしたいと思い、ビーワックス(ミツロウ)をひとつまみプラスしてみました。
さすがはミツロウ!すぐに白っぽくなってきれいに固まりました。(もちろん、冬場だから早いというのも)

ミツロウが多いと固い感じになるのですが、少しだけなので出来上がりの感触はあまり変わりません。ミツロウクリームは「爪でガジガジ引っ掻いて使う感じ」という感想を読みましたが、そのとおり!(笑)
このくらいが使いやすそうです。

今回のレシピ
アーモンドスイートオイル:1
シアバター:1
ミツロウ:少々(重量でシアバターの1/8くらいだったかと)
お好きなエッセンシャルオイル:数滴(全重量の1/100まで)

香りはマンダリンオレンジとゼラニウムブルボンを使いました。マンダリンオレンジはスイートオレンジとよく似ています(実際単体で区別が付くか自信がないw)。スイートオレンジの方が、より酸味を感じるフレッシュな感じで、マンダリンオレンジの方が優雅...かな?

オレンジ系は冬の代表。だって こたつ=みかん ですもん♪
あと温まる香り(効果)として、ジンジャー、シナモン、クローブなども。フランキンセンス、ミルラ、ベンゾインなんていう樹脂系も冬に合う香りだと思います。
キリストの誕生を祝い、東方の三賢人が乳香(フランキンセンス)、没薬(ミルラ)、黄金を携えてやって来たというあの話。キリスト誕生だから12月でやっぱり冬。このエピソードはアロマ検定の教科書にも載っています。

使い方としては寝る前のお手入れがおすすめです。爪のまわりなんかホントにピカピカになります。塗った当初は多少のベタ付きもあり(オイルですもん)、液晶画面なんか触らない方がいいと思いますが、時間が経つときれいに浸透してしっとりです。爪とか指先が荒れてると、なんか生活感漂っちゃいますよね。そこにネイル塗ったりしたらそれこそ幸薄い感じに。。

でも女性は気にしてお手入れしてる場合が多いので、たいていきれいです。男性の方がかまわないので、荒れているし、爪にも線がはいってるしー。男性にプレゼントしたら喜ばれる、いやむしろ押し付けて手入れしろと。(笑)そういう時はあんまり甘い香りもアレなので、ウッド系定番のティートゥリーにミントや柑橘系をアクセントにするといいかも。

いつもざっくりレシピですが、自分なりにいろいろ試しています。特に香りの部分は人それぞれ。好きな香りを楽しみましょう♡


材料紹介。
a0026762_13485984.jpg
シアバター。手軽な精製されているものを使っています。未精製のものは茶色っぽくて独特の香りがあるんだそうです。手に持っただけで溶けてしまうので、スパチュラを使います。私はコンビニでくれるアイスクリームのスプーンを使い捨てで利用してます♡
a0026762_1349128.jpg
ミツロウも精製済のものを使用。それでもミツロウ特有の甘い香りがしますよ。こっちはさらさとしたつぶつぶです。

そうそう。前回もちょっと言ってたホイップしたらふんわりしないかなというアレ。
試しに少しの量をホイップしてみたんですが(ピンクのフタの容器の方)、撹拌された形のまま固まっただけで、特にふんわりしたテクスチャーってほどにはなりませんでした。電動のミルクフォーマーかなんかでガーッとやったら空気が入るのかしら?


ところで
スイートアーモンドオイルorアーモンドスイートオイル?
オレンジスイートorスイートオレンジ?

お店によって、本によって、順序が変わりますが、自宅で保有している商品の名称を使っています。語順が変わってもGoogle先生はちゃんと判断してくれるのでだいじょぶですよね!
[PR]
by usa-log | 2013-11-26 14:25 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

アロマ入りハンドクリーム♡蜜ろう+シアバター

年に一度程度の女子会なので、お土産にちょこっと。
a0026762_1456217.jpg
いっつも、会社の商品や販促グッズ、どこかのお土産なんかいただきっぱなしなので、たまにはね。気持ち程度ですが、ゼラニウムとマンダリンで香り付けしたハンドクリームです。軽くラッピングすれば、けっこう可愛い♡
a0026762_1456337.jpg
残りをちょっと試用してみましたが、テクスチャーは今までで一番上出来...かも?(とりあえず今の季節には、という意味ですが)

今回、今までの反省だとかいろいろ考えてこんなレシピで作ってみました。

 シアバター 2g
 蜜ろう 3g
 スイートアーモンドオイル 25ml
 ゼラニウムブルボン、マンダリンオレンジ

シアバターの感触は素晴らしいのですが、夏場はなかなか固まってくれません。蜜ろうだけだと少し固く、なめらかさが足りない気が。それで両方ブレンドしてみたところ、柔らかくてすぐに固まる!といういいとこ取りになったようです。よかった。。次はホイップしてみようかな、小さい泡立て器を買って来て。

暑い時期でも爪の回りやカカトのお手入れにおすすめです。爪もピカピカ☆になりますよ!


a0026762_1456631.jpg
最近ゲリラが多くて、こういうサンダルを安心して履いて出かけて行けない...特に夕方。
[PR]
by usa-log | 2013-08-25 15:08 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

スキッとひんやりするアロマスプレー(ミスト)

a0026762_1159032.jpg
蒸し暑い日に、お部屋をすっきりさせるスプレーです。

スプレー瓶50mlとして計算
精製水 45ml
無水エタノール 5ml(10%)
エッセンシャルオイル 0.25mlまで(0.5%)
 ペパーミントなどがおすすめ
 (今回は ペパーミント:3 ローズマリー:1 レモンティートゥリー:1)
スポイト1滴を0.05mlで計算すると合計5滴以下にすればいいわけです。
他におすすめの精油は、やっぱりティートゥリー、レモングラス、花粉や風邪の季節にはお約束のユーカリ、など。お好みの香りでリフレッシュ♡

無水エタノールにエッセンシャルオイルを落として、ビンをしゃかしゃか振ってよく混ぜます。そして精製水をいっぱいまで注げばOK。

もわっとする玄関先、ゴミ箱などなど気になるところにシュッ。
来客のおしぼりにひと吹きしたら、きっと喜んでもらえます。
お風呂上がりにスプレーして扇風機の風に当たるとひんやり気持ちいいです。
洗髪後の頭皮マッサージにも。

私はヤル気出したい時に頭や首にシュッとやっています。(この濃度なら問題ないはずですが、お肌の弱い方はパッチテストなどしてくださいね)

・エッセンシャルオイルは水に溶けてくれないので、エタノールを使います。でも、お部屋スプレーくらいなら、なくてもだいじょうぶでした。使用前によく振ってください。
・精製水じゃなくてミネラルウォーターでも水道水でも。短期間に使い切れば問題ないと思います。
・遮光瓶じゃなくてプラスチック容器でも大丈夫です。持ち運びにはこちらのほうが。¥100ショップで売っています。

ミントはメントールの刺激ですっきり爽快。ローズマリーには脳を刺激する作用の他に、肌には収れん作用があるので、脂っぽくなる季節向き。レモンティートゥりーには強力な殺菌作用があります。光毒性がないので、外出先でも安心して使えます。
[PR]
by usa-log | 2013-07-10 12:31 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

エッセンシャルオイル、こんな風に1滴からの使い方。

a0026762_20425038.jpg
オリジナルブレンドオイルを友だちにプレゼントしたので、その使い方解説を兼ねて。(お寿司、ごちそうになっちゃったからねw)

エッセンシャルオイルはものすごく濃縮されたものなので、100倍以上に薄めて使います。最初はこの計算も面倒で。。。しかも、ドロップ瓶も信用ならない(笑)と。遮光瓶やビーカー、エタノールや精製水の用意もなかったので、手っ取り早い方法、原液1滴から使い方を覚えてきました。

・お風呂に数滴
.ティッシュに1滴 枕元に(枕カバーに挟んでも)
・洗濯の最後のすすぎに1滴
・掃除機にティッシュに1滴吸わせて吸い込む
・洗面器orバケツに2〜3滴 手浴、足浴→残り湯で拭き掃除なども
・熱めのお湯に1滴 タオルを絞って温湿布

これらの方法なら他の材料も道具も要りません。もし、気に入った香りをみつけたら、この辺りから試してみたらいかがでしょう?検定教科書2級に掲載されています。

実際試して「すごい!」と笑っちゃったのが掃除機。こぼした精油をティッシュで拭いて吸い込ませたら...次回、スイッチONンした途端にスウィートマージョラムの幸せな香り♪小型のサイクロン使ってるのだけど、あの排気(?)みたいな匂いがないの!あまりにわかりやすいので、ぜひ。

そして友だちにもおすすめしたのが、洗濯の最後のすすぎ。ティートゥリーがやっぱりおすすめ。殺菌、抗菌...なんてあたりを考えると、あとユーカリ、ミント、ローズマリー...。レモングラスやレモン系の香りをプラスするとより爽やかで夏向きです。今はティートゥリーにレモンティートゥリーをちょっと加えてます。レモンティートゥリーはぜんぜんティートゥリーとは関係なくて、シトロネラをやさしくしたようなメリッサにも似た香りです。シトラールやシトロネラールが共通成分だから?まだあんまりメジャーな精油じゃないですが、なかなか使えそう。

足浴は精油入れる入れないに関係なく、試したことある方、やってる方多いですよね?せっかくの残りのお湯、もったいないので、雑巾掛けにお使いください。床がいい匂いになっちゃいます♡

最後の温湿布は、疲れ目に効きます。私は手抜きでラベンダー垂らした水で絞ったタオルをレンジでチン!です(笑)ラベンダーは置いといて、目の蒸しタオルは、疲れ目にとってもいいと眼科の先生のおすすめ。いかにも血行よくなってクマが消えそうでしょ?別にラベンダーじゃなくて好きな香りでいいと思います。


...といったことを日常でやっています。普段用なので、高価な精油などは使ってません。ちっちゃい瓶で数百円からでじゅうぶんに楽しめますよ!

今回プレゼントしたブレンドは
・さわやか系 ティートゥリー ティートゥリーレモン ペパーミント ローズマリー など
・スウィート系 オレンジスウィート ゼラニウムブルボン スウィートマージョラム パルマローザ イランイラン など

さわやか系はお掃除、洗濯に、スウィート系は芳香浴にと思って。
そろそろシトロネラたっぷりの虫除けブレンドも作らないと、蚊が襲ってくるよー。

※こんな風にちっちゃい瓶はブレンドオイルの保存に便利なのだけど、ドロッパーが付いてないのが欠点。ドバっと出てしまうのでスポイト推奨。¥100ショップで売ってます。
ブレンドすると長持ちしない(2〜3ヶ月)ので、いろんなのちょっとずつ...がいいんじゃないかと。

※精油は濃ゆいモノなので、合う合わないがあります。今回ご紹介した方法はごくごく薄めたものですので、危険なものはないはずですが、アレルギーがあったり、敏感肌だったりする方、妊婦さんや体の弱い方は特に気を付けてお使いください。精油名で検索すれば成分も簡単に調べられます。
[PR]
by usa-log | 2013-07-07 00:31 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

手作り♡アロマ入りシアバターハンドクリーム

みつろうクリームも好評でポツポツ作っては、プレゼントしたりしていましたが。
a0026762_18484967.jpg
ちょっと贅沢なシアバターを使ってみたくなりました。シアバターというのはシアの木の種子からとれる油脂ですが、常温では固形になっています。実物は写真よりもう少しクリーム色です。ホントにバターみたいな色。精製してない茶色いタイプもあるそうです。

これとキャリアオイル(今回もスイートアーモンドオイル)を湯煎にかけて、溶かして作ります。みつろうの場合はすぐに固まりますが、シアバターの融点は35~6℃の人肌程度なので、なかなか固まってくれません。冷蔵庫に入れればすぐなんですけどね。

--------------------------------------------------------------------------
今回は
シアバター1
スイートアーモンドオイル 1
暑い時期なので、キャリアオイルの量をもう少し減らしてもよかったかも。冷やす過程でホイップするレシピもみつけたので、次回は試してみようと思います。あるいは乳化ワックスを使う、とか。

香りはオレンジやゼラニウム、スイートマージョラム、ラベンダーなど。オレンジはとっても普通で高価でもないですが、万人に愛される爽やかな甘さで、元気が出る香りだと思います。大好き♡

--------------------------------------------------------------------------

冷蔵庫で冷えて固まると爪でひっかかないと取れないような状態になるのですが(笑)、肌の上ですぐに溶けて浸透もよくなめらかです。ごく少量でしっとりします。たぶん冬は常温でこんな感じでしょう。

しかし、しかしです。梅雨明けちゃいましたよ、猛暑ですよ!外の気温がシアバターの融点じゃないですか!!途中で溶けちゃったら。。。
心配なので、まずは近場の友だちに送りました。

∩ ∩
・・ 伝言
もし、溶けていたら冷蔵庫に入れてみてください。すぐに固まります。使用期限は2週間を目安に。冷蔵庫保存ならもう少し大丈夫だと思います。


11/26 つづきも書きました。
[PR]
by usa-log | 2013-07-06 19:12 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

「エッセンシャルオイルの1滴は何cc?」の現在

「エッセンシャルオイルの1滴は何cc?」

アロマ検定の勉強を初めた頃...だいぶ古い記事なのですが、なぜか検索されてるようです。その翌年、検定1級も取得、少し知識も増えました。これだけだと不十分な情報なので、続きのようなものを書こうと思います。

まず当時(2010年)の検定2級の教科書にスポイト1滴の量の記載はないようです。また、検定用のミニセットにはドロッパー瓶は採用されておらず、付属のスポイトで計測していました。そういう状況で試行錯誤していた頃の話と思っていただければ、それはそれで参考になるかもしれません。(^^)


ここから現在。
検定1級教科書(2011年時点使用)19P、希釈濃度の説明に「1滴が約0.05mlのドロッパービンの精油を使用した場合」という記載があります。なので、スポイト1滴がそれに相当すると考えるのが妥当かと思われます...よね?

ただし、当時も書いていますが、スポイトの加減ってその人次第な気がしますし、ドロッパー瓶にしてもメーカーによって、振ってもなかなか出てこないもの、まとめて2〜3滴勝手に出てしまうものもあり...(笑)
最初、てっきりドロッパー瓶かと思って、洗面所にミントをほぼ全部ぶちまけたことも今では懐かしい思い出....。
a0026762_18294429.jpg
写真は検定用セットのビンとスポイト。きれいに洗って再生してます。試供品くらいなら保存できる。

検定2級では、お風呂や部分浴、またはお部屋に香りを漂わせる、洗面器で吸入するなど、かなり希釈された状態での使用のみです。ルームフレッシュナ−50mlのレシピが精油3〜5滴となっていますから、
0.05ml×5滴=0.25ml、濃度にして0.5%です。
1級教科書に「(社)日本アロマ環境協会ではトリートメントの際の希釈濃度を1%以下の目安で考えています」とありますので、それ以下ならだいじょうぶかと。今ではだいぶ慣れて、濃度1%を頭の中で計算していろんなモノ作って楽しんでいます。

化粧品作りに手を出すと、楽しくなってあれもこれも作りたくなってしまいます。手作りのミツロウクリームはしっとり感が長続きして、冬場は特におすすめ。爪まわりやカカトのマッサージにも使えます。次はシアバターのクリームを...なんて、夢(妄想か?w)はどんどん膨らんじゃいます。
a0026762_18313912.jpg

でも、植物=安全というのはかなり危険だと思う(地球上の猛毒の多くは植物由来w)ので、そこんとこは気をつけて使いたいと思います。人によって合うあわないもあるし。。
それと、防腐剤が入ってない=安全というのもビミョ〜なところがあって、防腐剤が入ってないということは痛みやすい(酸化)いうのを忘れちゃいけないな、と。なので、ハンドクリームなどプレゼントする時は少量にして「2週間くらいで使い切っちゃってね」と必ず言っています。「えーーっ?もったいないからちょっとづつ使ってるよぉ〜」だーめー!!!www


うっとおしい梅雨時のお洗濯やお掃除に、1滴のティートゥリーで爽やかになれたり。やっぱり植物の力ってすごいな、って植物に感謝しつつ気持ちよく過ごしたいって思うのです。
この時期のおすすめは、定番ティートゥリー、すっきりミント、爽やかレモングラス、シトロネラよりやさしいティートゥリーレモン、甘過ぎないやさしい香りならパルマローザ...それとクスノキ由来の樹脂、樟脳!
樟脳の話はまた、ゆっくり。
a0026762_1832797.jpg
試供品いただいてズキューン!と来てしまった。最強アロマ、樟脳。ヒバチップの小袋に染み込ませてタンスに入れてみよう。
[PR]
by usa-log | 2013-06-20 17:38 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

ティートゥリーレモン

夏用にどうかな?と。
a0026762_23102910.jpg
調べてみると、レモンティートゥリーだったり、レモンセントティートゥリーだったり。ティートゥリーレモンの表記は少数派?オーストラリアとニュージーランドにしかない木のようで、これはオーストラリア産。

名前はティートゥリーが付いても、香りは全然似てません。木が同じフトモモ科って種類だってことだけ。
まず思ったのが、レモングラスかメリッサ(レモンバーム)か?っていう、けっこう強い香り。シトロネラにも似ているけど(シトラル、シトロネラールが入ってる)、そこまでは強くない。

強い殺菌効果がある(いかにもそういう匂いです)そうなので、夏向きかなぁ?と思ったのでした。

直接肌につける化粧品などには向かない匂いかなと思うので(でも光毒性がないので、レモンの代わりにマッサージオイルにつかわれたりするそうです)、お風呂に数滴とか、お掃除にも使えそう。虫除け効果もある(シトラル、シトロネラールが)ので、玄関などにもいいかも。

とりあえず、お風呂で試してみます。
[PR]
by usa-log | 2013-06-06 23:20 | アロマは一日にしてならずぢゃ | Comments(0)

もう1枚、クリスマス☆

a0026762_23462015.jpg
きれいに撮れたのが出て来たので。

a0026762_23593779.jpg

それとGRASSE TOKYOのハンドクリーム、今日はブラックカラントの香りって方をつけてみました。シアバターたっぷりで匂いはちょっとベリー系です。ロク☆タンほど主張してない仄かな香り。イメージとしては「高級なホテルのアメニティ」かな?
試供品とはいえ、たっぷり入ってるので、残りは明日にとっておくことにしますw

うーむ。今度ハンドクリーム作る時はシアバターを使ってみよう、なんて。

詳細は
場と間☆5月なのにクリスマス? 
[PR]
by usa-log | 2013-05-24 23:55 | SEASON'S GREETINGS | Comments(0)